BORDER TRAY WHITE

通常価格
¥11,000 (税込)
セール価格
¥11,000
BORDER TRAY WHITE
BORDER TRAY WHITE
BORDER TRAY WHITE
BORDER TRAY WHITE
BORDER TRAY WHITE
    
数量は1以上でなければなりません

木地師の技と塗り師のこだわりが凝縮したトレイです。

400年以上の歴史をもつ山中漆器で、畑漆器店が手がけた逸品。

良質の素材、美しく機能的なデザイン、そして扱いやすく丈夫であることシンプルながらも大切な事を問い続けてこれからも商品づくりに励んでいきたいと考えている。

マグカップや湯呑みお皿などを運ぶ時にお使い頂けます。

縁が高いので滑り落ちにくく、とても軽いです。

3~4人家族にちょうどいいサイズです。

山中漆器

山中漆器の始まりはおよそ400年前(安土桃山時代)。

山々を渡り歩き、挽物の器をつくって生活していた木地師の一団が山中温泉上流の真砂に定住して木地を挽きはじめた頃から始まる。 

木地師は次第にふもとの温泉客を中心に販売するようになり、塗りや蒔絵の技術を会津や京都や金沢から取り入れながら普段使いの器の産地として成長してきた。 

漆器は基本的に木地師が木を挽き、塗師が漆を塗ってできている。

山中漆器は木地が特徴の産地で、挽物木地の木目をいかした拭漆仕上の椀を得意としている。

畑漆器

1930年、初代 畑 卯之松が手塗り職人として独立。

その後、二代目と共に漆器全般を扱う畑漆器店を創業。

石川県加賀市に伝わる山中漆器は、450年もの間培われた木工轆轤(ろくろ)挽きの技術を基に製造されており、畑漆器店では現在もこの技法を用いて「col.」と「卯之松堂」のふたつのブランドを展開している。

畑漆器店の器が日々目指しているのは「暮らしの道具」。

 

サイズ:30×30×3.7(cm)

素材:栓、ウレタン塗装

生産国:日本