【祇園店のみ】陶房遥 発泡釉線紋 花器

通常価格
¥16,200 (税込)
セール価格
¥16,200
【祇園店のみ】陶房遥 発泡釉線紋 花器
【祇園店のみ】陶房遥 発泡釉線紋 花器
【祇園店のみ】陶房遥 発泡釉線紋 花器
【祇園店のみ】陶房遥 発泡釉線紋 花器
【祇園店のみ】陶房遥 発泡釉線紋 花器
【祇園店のみ】陶房遥 発泡釉線紋 花器
    
数量は1以上でなければなりません

陶房 遥 吉田信介氏

1994年から越前瓦工場で特殊瓦の製造に携わり、1998年より越前市共同陶房にて作陶を始める。2000年より現在の工房を拠点に活動を続ける。古代ガラスを彷彿とさせる、トルコブルーや、白、ネイビーなどのブルー系を得意とする。綺麗に形が整った商品が多い中無骨さがいい味を出す作品を作る。

 

越前焼の歴史

日本六古窯の一つに数えられ、今から約850年前の平安時代末期から鎌倉、室町、江戸時代にかけて、大規模な古窯では、かめ、壺、すり鉢などの日曜雑貨が焼かれていたとされています。越前の土の特徴を生かした素朴で頑丈な作りで、温かみのある土と灰釉の味わいを秘めた民芸的な美しさを持ち、その伝統は今日まで引き継がれ、多くの人に愛好されています。

 

サイズ:10×10×17cm

素材:土(越前)

生産国:日本(福井県越前町)