コレクション: 李荘窯-有田焼の器

History歴史

有田焼の陶祖 李参平の住居跡に開業した「李荘窯業所」。寺内信二氏による、白磁ブラスト仕上げの宝瓶や土瓶等の茶器です。

天草陶石を使用した、全て手作業による槌目仕上げの茶器です。木づちで表面を打って一つづつ跡を付ける方法で、表面の楕円形の跡を付ける際には、先端部分が丸い木槌を使用します。職人が木槌を一回づつ丁寧に打ち付けることが必要な為、熟練した技術が必要とされます。

宝瓶は、お茶の旨みを十分引き出して飲みたいお茶に適しており、来客用にお使いいただくこともお奨めできます。二煎目以降も美味しくお楽しみいただける茶器です。