2019年6月21日(金)~2019年7月18日(木)【COOL OFF】涼

「涼」をテーマに涼しげなクラフト・デザインのアイテム揃えました。

涼しげではありますが、手仕事で表現されたアイテムからは温かさも感じます。

繊細な手仕事をお楽しみください。

【studio prepa】

2人で営む日本では数少ない吹きガラス工房です「少しだけ気を使った」「ちょっとだけこだわった」ディテールの追究こそが、小さな工房である自分たちの使命だと思っています。確かな技術と細やかな感覚で、ガラスは吹きガラスに適したモノを色オーダーで輸入しており、デザインから製作まで、全ての行程を自らの手で行います。 studio prepaの器はどれも至ってシンプルで、物の形(機能)や素材感を素直に表した器ばかりです。

【SUS 】

真空二重構造チタンタンブラーは高度な加工技術を使い、全体が薄いチタンの二重構造で施されています。それにより、高い保冷力と保温力を持ちます。飲み口部分は薄い仕上げにより、口当たりの良さも抜群です。医療機器にも用いられるチタンは、表面の酸化皮膜により、金属製品独特の金臭さも感じず、飲み物に匂いもつきません。SUS GALLARYは、日本が世界に誇る地場産業として注目を集める新潟県燕市の金属食器。江戸時代より伝わる金属加工の高度な職人技術に今の生活に根ざしたデザインを加えることによって「日々の暮らしを豊かにする金属の新しい表現、可能性」を提案していきたいというコンセプトから生まれたブランドです。

【ercole mpretti & f.lli】

エルコレ・モレッティ社は1911年にエルコレ、ノルベルト、イジーニオ、の3兄弟により、イタリア ヴェネツィア ムラーノ島に設立されました。「ミルフィオリ=千の花」の技術を完成させ、その技術を継承しながら、新しいデザインの商品を生み出し続けています。全工程おいて職人の手作業によって生み出され、技術自体は1900年代に完成されました。溶けたガラス棒を花形に整形し、整形したガラス棒の表面に別の色のガラスを巻き、さらに花形に整形し…といった過程を繰り返します。巻くガラスの膨張係数が異なると割れるため、同じ膨張係数のガラスを使用する必要があります。裏面のシールはムラーノ島のガラス製品を保護し、千年の伝統を保証するために作られました。商標シール003番がエルコーレ モレッティ社製であることを証明する番号です。